葉酸は緑黄色野菜や豆に含まれています

妊娠したいネットHOME > 葉酸について勉強しよう > 葉酸ってなに?

葉酸ってなに?

緑黄色野菜や卵黄、豆などに含まれる葉酸、現代生活では欠乏状態、
毎日の摂取が必要なのです。

ビタミンは体の機能を維持する微量栄養素

ビタミンは健康を体の中から支える小さな巨人です。
エネルギーの代謝に協力したり、食品からとって栄養素を必要な成分に変えるときの手伝いをしている微量栄養素です。体内でつくることができませんので必要な量を摂取しなかった場合、体にさまざまな弊害を及ぼします。
ビタミンはその性質から脂溶性ビタミン(A・D・E・K)と水溶性ビタミン(B群やC)に分けられます。

葉酸の潜在的な欠乏が問題になっています

葉酸は抗貧血作用のある水溶性のビタミンBの一種。最初にホウレン草から抽出されたことから、その名がつけられました。葉酸は生体組織、細胞の発育および機能を正常に保つのに必要なビタミンで、とくに赤血球の形成、成熟に不可欠な補酵素です。
葉酸は今までの日本型の食生活では欠乏が起こりにくいと考えれられていました。
ところが、生活が欧米化するとともに食生活にも変化が見られるようになりました。
1975年に公表されたカナダの国民栄養調査では、各種ビタミンのうちで葉酸の欠乏が指摘され、とくに若年層の女性で葉酸欠乏が 目立っていました。


【葉酸について勉強しようTOP】  【NEXT】 >> 妊婦と葉酸


▲ ページTOPへ