妊婦と葉酸の関係性

妊娠したいネットHOME > 葉酸について勉強しよう > 妊婦と葉酸

妊婦と葉酸

神経管奇形防止には1日400μgの葉酸を妊娠する4週間前〜妊娠後12週まで摂取します。

この表はおなかの赤ちゃんの奇形の種類とその発生時期を表したものです。
妊娠2週のはじめに受精した受精卵は細胞分裂を繰り返しながら、7~10日後に子宮内膜に着床し、妊娠が成立します。

その後、赤ちゃんは人類進化の道筋を一気に駆け巡り、4~10週の間にヒトとしての体に成長していきます。
先天異常の多くは妊娠10週以前にできあがっており、特に中枢神経系、四肢、心臓などは妊娠7週未満にほぼ完成しています。

ところが、妊婦さんが実際に妊娠に気づいて初診に訪れるのは妊娠7週未満はわずか40%で、60%の妊婦さんはそれ以後に受診しています。
したがって、先天異常発生を予防するためには、妊娠に気づいて受診してからでは遅すぎで妊娠する4週間前頃から、たとえば葉酸を1日400μg摂取したり、催奇形作用のある薬を控えるなどの注意が必要です。

▲ ページTOPへ

妊娠初期の4週から7週は大切な器官形成期

妊娠したすべてのお母さんは、健康な赤ちゃんの誕生を願っています。
しかし、現実の問題として出生時で障害をもった赤ちゃんは約1%います。そして成長とともに、障害がわかる赤ちゃんを含めると約4%です。上の表のように障害の多くは、妊娠初期の12週くらいまでに細胞分裂が正常に行われないために発生しています。
とくに妊娠4週から7週の間は赤ちゃんの大切な器官の分化が急ピッチで進められています。

葉酸で神経管奇形の約70%が予防できます

妊娠中の葉酸は急激に増殖する絨毛組織、胎児組織の発育に重要な働きをしています。従来、産科領域では常位胎盤早期剥離、流産、死産、妊娠中毒症、子宮内胎児発育遅延などの原因のひとつとして葉酸の欠乏が挙げられてきました。

現在、アメリカ、オーストラリア、カナダ、南アフリカ、イギリスなど先進10カ国では神経管奇形の発生を防ぐために、妊娠する可能性のある女性に、1日400μgの葉酸摂取を妊娠する4週間前から妊娠12週まで摂取するよう勧めています。
その結果、神経管欠損症の約70%を予防できるという勧告を発表しました。


葉酸って何?<< 【BACK】  【葉酸について勉強しようTOP】  【NEXT】 >> 妊娠中に必要な微量栄養素


▲ ページTOPへ